【業務スーパー】驚くほど簡単便利!しかもおいしい冷凍の『スライスズッキーニ』
スポンサーリンク

七波
ズッキーニは好きですか?わたしは好きです。

 

最近は、スーパーの生鮮食品コーナーでよく見かけるようになってきたズッキーニ。

料理に取り入れている方も多いんじゃないかな。

今回は、「毎日料理している方」にも「たまにしか料理する時間が取れない方」にも幅広くおすすめできる、業務スーパーの食材をお伝えするよ。

業務スーパーの食材の中でも、とっても人気のある商品。人気の秘密を教えちゃいます。

そもそも業務スーパーって?

業務スーパーのことを知りたい方は、こちらを読んでみてね。

おすすめ商品の見分け方や失敗しないためのコツなど、これから業務スーパーに行くときに役立つ情報もまとめているよ。

おすすめの理由は?

おいしさは生のズッキーニと変わらない

冷凍だから生の野菜よりも味が落ちるのは仕方ない、なんてイメージをこのスライスズッキーニは変えてくれます!

わたしは「あれ?生野菜で調理したときと変わらない味だ」って感じました

冷凍したまま料理に使える

この商品で一番驚いたところなんですけれど、「冷凍したまま」使えるんです

通常、冷凍食品って解凍する手間がかかりますが、この商品は基本いらないです。

わたしは、冷凍庫から出して、そのまま鍋やフライパンに入れちゃいます。

調理にちょっと注意がありますが、それは後ほどお伝えしますね。

この商品は「湯通し済み」の冷凍食品なので、調理がササッと終わっちゃいます。

好きな量を好きなときに使える

すでにスライスしてあるので、好きな量を取り出して簡単に使えるよ

また、生鮮野菜は買ってからすぐに使わないといけませんが、この商品は開封後も冷凍庫で長期保存でき、好きなときに使えます。心強い。

毎日料理する方にとっては、ちょっとしたことかもしれませんが、「たまにしか料理する時間が取れない方」には、この2つの特長がすごく大事なんです。

色々とやることがあってたまにしか料理する時間がとれないようなライフスタイルだと、傷まないうちに食べきれるかが分からないので、気軽に生鮮野菜を買えないんですよね。

しょうがないから冷凍野菜を買うとなっても、カットされていないものだと好きな量を使えなかったり面倒だったりします。

このスライスズッキーニは、これらの問題を解決してくれるので、たまにしか料理する時間が取れない方に特におすすめできる商品なんです。

もちろん、毎日料理する方にとっても、これを使えば調理が楽になるので、嬉しいことだらけですね。

切ってあるからその分時短できるのも嬉しい。

色んな料理に使える

ズッキーニは、和洋中にこだわらず、幅広く使える優秀食材だと思います。

印象としては、ナスの代わりに使える感じです。チーズ・トマト・味噌と相性は良いですね

たとえば、こんな料理です。

  • 炒め物に
  • 煮込み料理に
  • チーズと一緒に焼くだけシンプル料理に
  • パスタのちょい足し具材に
  • トマトベースの料理に
  • 生姜焼きに

どうでしょう。けっこう使えますよね。

コスパも○

500グラムも入っていて、税別128円です

大きめのズッキーニ2本分ぐらいは入ってます。

これだけ入っていて、この値段。

みんなが気軽に買っちゃうのも分かりますよね。

スポンサーリンク

もっと良くなってほしいところ

水気が出る

しょうがないと思うんですけれど、解凍してくると水気が出てきます。

でも驚くほどの量ではないですし、

水気が出る前提で長めに火にかけるとか調理のほうで注意しておけば全然問題ないですよ。

どうしても事前に水気をとっておく必要がある場合だけ、自然解凍するといいと思います。

人気すぎて品薄

品薄の状態が続いているので、出会えたら買っちゃったほうがいいと思います!

買いたいときにもっと買えるようになるといいですね。

わたしは、こんな感じでいただきます

野菜炒めかな。他の野菜で相性が悪いのあまりないんですよね。ズッキーニ。

あとは、トマトソースの料理にもよく使います。パスタとか。

こんな方にぴったり!

  • 自宅で料理する
  • いざというときに使える、コスパのよい冷凍野菜を探していた
  • 気軽にお家でズッキーニを食べたい
  • 時短料理・お手軽料理でも味を犠牲にしたくない

あとがき

この商品のおかげで、お家でズッキーニを食べる機会が増えました。

手間がかからないし、料理に対する気持ちの敷居が低くなりますよ。

 

七波
気軽に使えるので、実際に試してみてね。

 

原材料名
ズッキーニ
栄養成分表(推定値)100g当たり
エネルギー 28kcal たんぱく質 2.0g 脂質 0g 炭水化物 6.1g 食塩相当量 0g
おすすめの記事